いったいいくつあるの?住宅ローンの種類

大きく3つに分類できる住宅ローン

住宅ローンは、大きく分けて民間融資と公的融資、協調融資の3つがあります。
住宅ローンの中で誰しもが想像し易いのが、民間の銀行などの金融機関による民間融資の銀行ローンで、所定の条件を満たしている場合には、店頭金利よりも低い金利となるなどの商品も扱っています。
民間融資では、銀行のほかにも住宅ローン専門会社や生命保険会社などでも取扱っているほか、ネット銀行ではすべての手続きをネット上で行なうため、手数料などの諸経費を抑えられるものもあります。
さらに、民間融資の中には、住宅販売を行なっている不動産や住宅販売会社と金融機関が提携している、提携ローンが存在します。
提携ローンでは、物件の審査が完了していることから申し込みなどの手続きが簡単にでき、優遇金利の適用があることも多いので、住宅購入の際には、不動産会社などに提携ローンがあるかやその内容を確認しておくのが望ましいでしょう。

自治体などによって異なる公的融資

3つの住宅ローンのひとつの公的融資には、財形融資と自治体融資があります。
財形融資は、勤務先において1年以上の財形住宅貯蓄や一般財形貯蓄、財形年金貯蓄のいずれかをしていて、50万円以上の残高がある人が利用できる融資です。
財形貯蓄残高の10倍まで借り入れができ、借入金の上限は4,000万円となっていて、借入時の金利は5年固定で1%前後となっていますので、これを利用する場合には、勤務先の担当者に確認してみることが必要です。
自治体融資は、都道府県や市町村が融資制度を設けているもので、自治体が主体となって直接融資しているところと指定金融機関の借入の金利に対して補給するところなどと、自治体によってさまざまです。
協調融資は、民間融資と公的融資の中間的な位置づけにあるもので、住宅金融支援機構と民間金融機関と連携した固定低金利のフラット35のことを言い、その窓口は金融機関となるものです。